プロバイダの乗り換えで速度が速くなることも

回線を乗り換える前にまずプロバイダの乗り換えを

プロバイダによって、フレッツ光のインターネット速度が上がる可能性があることをご存じでしょうか?
「プロバイダは違っても、回線はフレッツ光なんだから各社違いはないでしょ?」
なんて思っている方、要チェックです。実は、プロバイダによって、ネットスピードは異なることがあります。

 

これはプロバイダごとのバックボーンがどのくらい太いかどうか、そしてそのバックボーンを利用する人の数によって違いが出てきます。一番わかりやすい例えをするなら、道路をイメージしてみて下さい。

 

道路が広いと車の交通量が多くても渋滞することなくスムーズに進むことができますよね。反対に、狭い道路だと同じ交通量でも渋滞してしまう可能性があります。しかも、車はどれも同じくらいの大きさとは限りません。ネットを利用する時、大きなデータを動かそうとするというのは、軽自動車ではなく大型トラックを運転しているようなものです。

 

中には戦車くらいの大きさのデータをやり取りしている人もいます。狭い道路だったら、一発で戦車がその道路を封鎖してしまいますよね(戦車が道路を走る、というイメージはしにくいでしょうが……)。

 

なんとなく、イメージできたでしょうか?
このように、バックボーンの太さと利用者人数はネットスピードに非常に大きく関わってきます。

 

プロバイダのバックボーンや会員者数に関しては公表されていませんので何とも言えませんが、公式ホームページ上で会員者数○○万人以上!というのを参考にすると良いかもしれません。
また、バックボーンの太さに関しては「通信品質が良い」とメリットで上げているプロバイダ業者を選ぶと良いでしょう。口コミサイトなどで通信速度について調べるのも一つの手です。

 

ちなみに、今使っているプロバイダが遅いという方は、ちょっと難しい方法になりますが下記のやり方で速度を調べてみて下さい。
@フレッツ回線の速度測定をおこなう(フレッツ光の公式ホームページにあります)
A通常の速度測定サイトで測定する。

 

@は大もとの速度、Aはプロバイダから自宅パソコンまでの速度です。
もしも@とAがさほど変わらない場合は、プロバイダを変更したとしてもスピードが上がるわけではありませんのでご注意を。
測定は一度ではなく、時間帯を変えて数回おこなうことをおすすめします。